この半月ほどは久々になかなかハードでした。
日々いろんな場所でいろんなピアノを弾く機会が多いですが、今月は本番やら まだ先の演奏会リハやら 発表会の大量伴奏や合唱団ピアノやらが複数重なりホールやサロンで弾くことが多く、ピアノに対する感覚と自分の感覚が以前より変わっているのが興味深かったです。
良いピアノに当たるといろいろ試せるし、調整がイマイチのピアノでもそれなりに試行錯誤出来るのが楽しいなと思います。
それも家に「良いピアノ」があるからこそだな、と先日調律に来て頂いた調律師さんともお話してました。
特にこの前初めてのホールで触ったヤマハCFXはとても良くて楽しくて、前日のハードな本番で疲れ果てていたのに元気になりました。それから初めてシゲルカワイモデルのピアノでのリサイタル伴奏もあり、今更ながらカワイに対する印象が変わる面もありました。結構好きな音色で表現の幅があってよかったのですが、やはり私には少し重いのかなぁ。。

しばーらく歌ばかりに関わってましたが、この先は弦楽器伴奏が続きます。久しぶりにモーツァルトのvnソナタなどなどを弾いてみて新鮮に感じたり。蛍衣カルテットのための室内楽を眺めたり。
今週はゆったりと時間があるので、自分メンテナンスに当てたいと思います。