前の投稿で、少し余裕が出来ると言っていたらなんだかんだと、いつの間にかバタバタ…。年末まで休みもあまり無く、譜読みするものも増えるし、計画的にまとめていかないと…

この一か月で、たくさん展覧会に行けました。山種美術館での「川合玉堂展」、銀座での高校の先生の個展、東京ステーションギャラリーでの「シャガール展」、東京都美術館での「ゴッホ展」と同じチケットで入れた「現代の写実展」、初めての野間記念館で「川合玉堂と東京画壇の画家たち」

どれも心に響くところがあり、良い時間を持ちました。野間記念館は勧められて、近くに行く仕事の前に行ってみたのですが、とても落ち着いた雰囲気で展示の量も程よく(それに伴い?料金もお安くて)良いところでした。
それにしても、演奏会に行くよりも美術館に行く頻度が増えているのは、若干マズイのではないか…と思う今日この頃です。

今日は午前と夜の仕事の間に、練習伴奏をしている合唱団の演奏会へ。
イギリスの作曲家作品、ということで全て英語かラテン語のプログラム。
練習は大変な曲ばかりでしたが、オルガンとの響きが新鮮で、またなかなか聴く機会が少ない作品が多く、とても楽しめたコンサートでした♪皆様、本当に本当にお疲れ様でした!!
来週は昨年に続いて、高橋和歌先生門下の発表会。ソナタやコンチェルトや大曲から小品まで、なんだかたくさん伴奏します。合わせは数人ずつですが、当日全部一気にやるとなかなか大変そうです(^^;;
長いお付き合いになってきた生徒さんたちもいて、その進歩には本当にいつも驚かされます。当日、納得できる演奏が出来ますようにサポートしたいと思います♪