昨日は、以前教えて頂いていたロシアの先生に
妹(ピアノ弾きです)がプライベートレッスンを受ける、
ということで、私もくっついて行ってきました

先生にお会いするのは5年ぶりくらい、だったかな。
いつも素晴らしい通訳をして下さっていた先生にもお会いできて、
レッスンは相変わらず、勉強になることばかりで、
ほんとに行ってよかったです
お話して(もちろん日本語で)、握手して帰ってきました。
当時大変だったことや、
先生の物凄い情熱や音楽性についていこうと、
自分なりに頑張ってレッスンを毎回受けていたことなどが思い出され、
熱い想いでいっぱいになりました。
あの頃が一番頑張ってたかもなぁ、私。。。


そして今日は、声楽の伴奏でドイツの先生のレッスンに。
ドイツリートの深い世界と不協和の美しさ、のようなものに触れられた気がします。
それにしても、かーなーり久しぶりにドイツ語をわぁっと聴きました
忘れていることの多さと、少しだけど意外と分かることもあって、
なんだか面白かったです。
やっぱりもう一度勉強し直そうかなぁ。
きちんと使えるようになりたいし。。。

この先生には、またレッスンをして頂くので、より深い世界を教えていただけるのが楽しみです

私は今、声楽も弦楽器も管楽器も、いろんな方と一緒にやらせて貰っているので、
彼らから+たくさんの先生方から学ぶ機会を与えられているなぁと感じます。
分野を絞ってやっていった方がいいのかもしれないけど、
でも、音楽の根本的な考え方やアプローチの仕方はどの分野でも変わらないわけで、いろいろな演奏者や先生方から学んだものは、
必ずどこかで、全て結びついていると思うし、
幅広い音楽ができるのではないか、と信じています。

ちょっと真面目な話になりましたが、
それでは、おやすみなさい!