この1週間は
弾かなければいけない曲(頂いた仕事や、人から頼まれている曲)が
わりと少ない状態だったので、
ピアノに向かい合う時間が少し持てました。
楽譜を引っ張り出しては、いろんな曲を弾いて遊んで。
こういう時間が久々で、新鮮な気持ちに。
そして、
来年はこれを弾こう!(弾けるかな?!)という曲をいくつか選びました。
楽譜が山積みになってます
来年の課題です


さて、今週もコンサート2つ行きました。
両方とも日本歌曲。
平井康三郎作品ものと、北原白秋の詩につけた歌曲を集めたもの。
大学時代ソルフェージュで習った増本伎共子先生の作品も演奏されて、
終演後ロビーで少しお話できました。
思い返すと授業では、シューマン「詩人の恋」全調移調
なんてやった覚えがあります…。おそろしい。
そういえば、昨日の畑中良輔先生のお話では、東京音楽学校時代、
試験曲に「詩人の恋」と書くと、恋とはけしからん、愛にしなさい とか、
歌の内容が少し官能的だったりすると、教務課から呼び出しがかかり
始末書を書かされたそうです。
そんな大変な時代をくぐり抜けて、現在も歌い継がれてきたんだと思うと
感慨深いですね。
文学や芸術は時代によっては抑圧され、弾圧されて、
でもそんな理不尽な力に屈することなく自分の表現を貫いてきた
多くの偉大な人々のエネルギーには、
ただただ感動です。
今はそんな制限がほとんどない、幸せな時代なのだなぁと
つくづく思います。


さて、今日は何を弾こう〜♪と思っていたら
楽譜が届きました。
ひさっびさの、というか人生2回目
オケ中のお仕事です。
勉強しなければ