三月後半はなかなか忙しくて、お花見も少しだけ、このまま四月に突入しそうです。

昨日は朝から二つのジュニア・コンクールをはしご、6人の伴奏がありました。もちろん全員違う曲です。
マリンバの中学生が見事金賞を受賞!彼女とは半年間、何度か演奏してきたので本当に良かったです♪
そして、午後からのヴァイオリンコンクール。小学生と、そこらの音大生より上手いのでは?という中学生たちの伴奏で、私も今回たくさん得るところがありました。結果は伴奏させて頂いた全員が入賞・受賞という、素晴らしいことに✨

このところの合わせやレッスンを通して、自分自身への気付きもあり、戒めにもなるところがありました。先日読んだ人間国宝の方の記事で、様々な経験を積んできても結局は10代の頃に習っていたことが一番大事なことだと気付いた、というようなことがあって、妙に納得したり。
もちろんそれは、良き指導者に出会っていることが前提なのでしょうけど。昔言われていたことが、今頃分かることもあるし、私も基本に立ち返って、あらためてピアノに向かってみようと思います🎵