世の中がなんとなくウキウキしている感じだった連休も終わり、すっかり日常に。今年のGWはお天気にも恵まれて、何よりでした!
連休前半は1年おきに行われている藤沢でのバレエ発表会(公演)に参加していました。もう5回目!ということは10年のお付き合い。
小さかった生徒さんがポワントで立派に踊っているのを見ると、しみじみと年月を感じます。
今回は例年よりもピアノとヴァイオリンの生演奏で踊る曲が多かったのですが、さらにメインのシンデレラにちなんで、プロコフィエフ作曲のバイオリンソナタから4楽章も演奏したので、かなりしっかり、という感じでした!そして今年もコスプレ(?!)して。
メインのシンデレラ全幕公演では、本物のポニーが2頭出演。馬車をひいてシンデレラを乗せていました。
バレエは本当に華やかで夢があって素敵ですが、その裏で緻密な準備と膨大な練習とがあって、本当に総合芸術だなぁと思います。

連休後半は九十九里浜へ!
平井康三郎さんの日本歌曲に、九十九里浜というエネルギーに溢れた作品がありますが、何度も何度も弾いているくせにイマイチ ピンときてなかったのです。もちろん理屈では壮大な太平洋、大海原の情景と分かってはいるのですが、イマイチ。
それが十分に納得させられる風景を見てきました。今度弾く時が楽しみです。
もちろん、九十九里名産の大きなハマグリも存分に味わってきましたよ。
image


なぜか浜辺にサメが打ち上がっていました…
image


関東はどこも黒い砂浜とばかり思っていたら、さらさらの綺麗な砂。美しい風紋。
image