3月からの本番ラッシュに備えて、普段の仕事プラスいろいろなリハーサルや準備が続いてます。
そんな中、先日はずっと行きたかったDIC川村記念美術館へ!
敷地全体が森になっていて、入り口を抜けると目の前が開けて湖、そして白鳥が!予想以上にステキなところでした。

水からあがって、草を食べる白鳥
image
周辺は散策出来るようになっています。

外観も内部もステキな美術館、特にエントランスの洗練された雰囲気が気に入りました。
シャガール、ピカソ、レンブラントなど有名どころがあった後、日本の有名どころ、そして楽しみにしていたロスコルーム。
吉本ばなな の作品で知って以来、ずっと気になっていたのです。
ほの暗い空間で360度 赤を基調とした6枚の絵に囲まれて、個と向き合う静かな時間がありました。
ロスコの作品は、アジアではここにしかないそうです。

場所は千葉県佐倉市と少し遠いですが、東京駅から直通バスも出ているようなので、オススメです。ステラもたくさんあるので、現代美術が好きな方にはたまらないかも?
景色の良いレストランもあるし、外で食べることも可能です。
川村記念美術館