先月と今月と、一日で10人前後の歌い手さんの伴奏をする日がよくありました。
本番だったり、レッスン伴奏だったり、勉強会だったりいろいろな場面がありますが、たくさんの人の声を聴いて思うのはやはり、本当に1人1人様々だということ。
その様々な声の表現を聞き取って、ふさわしい音を出していく過程がとても楽しいです。

昨日はロシア料理のレストランでの、ランチ付きコンサートがありました。
6人の歌い手さんと、そして関定子先生の伴奏を務めました。小噺や落語を題材にした面白いもの、現代もの、関先生圧巻のアリアや歌曲と盛りだくさんで、お客様も大盛り上がりでした。
IMG_2690 IMG_2688

並行して、年末からオーボエとの合わせもしています。歌以外ではかなり久々の邦人作品で新鮮です。
また、ガーデンプレイスクワイヤでは新たにバッハの練習も始まり、昨年から継続している他団体のモーツァルト のレクイエムも3月の本番が近づきいよいよ練習も佳境に入っています。
今年もたくさんの作品に取り組めますように。