コロナは続くよどこまでも…といった感じで、人と話すことがあると「いつまでこんな状況なのか…」という嘆きを交わすことが多いのですが、先日レッスン伴奏に伺った先生の「でも我々は音楽家だから、まだ良かったね。ファンタジーがあるもんね。」
という言葉を聞いて、深く心に沁みました。
本当に「想像力」ってこういう時にこそ大切なのかも、と考えを巡らせていると、ふとアンネ・フランクを思い出しました。彼女の支えになったのも想像力でしたね。

子どもの頃に想像力を豊かにしておくのはとても大切なのでしょう。現代は何でも実写化、アニメーションもとてもリアルだし、昔と比べるとその辺りどうなのかなと思ったりします。

卒業試験もなんとか終わり、私のクラリネット漬けからも解放されました。
まずはこの日までコロナにならずに済んでほっとしました。今回はドゥビエンヌ、フランセ、ヒンデミット、ウェーバー、ニールセン と、普段弾くピアノ曲や歌曲ではほぼ接することのない作曲家と向き合ったので、なかなか勉強になりました。約10年ぶりに弾いた作品もありましたが、以前とは捉え方が違ったり、新たな解釈を知り、それがまた面白いものでした。

2月は入試。また知らない作曲家の作品が当たりましたので、頑張りたいと思います…

庭のあちこちで、チューリップの芽が顔を出し始めました。クリスマスローズのつぼみも。

少しずつ季節が動いています。
IMG_4144